アートメイクのメリットとデメリットは?クリニック選びのポイントも紹介

化粧する女性

落ちないメイクとして話題のアートメイクですが、実際どんなメリットがあるのがイメージがついていない人もいるのではないでしょうか?

皮膚内にインクを入れるという情報から、入れ墨やタトゥーとの違いがわからず不安な気持ちもあるかと思います。

この記事では、アートメイクのメリットとデメリットについて解説しつつ、デメリットを軽減するアートメイククリニック選びのポイントもお伝えします。

おすすめのアートメイククリニックも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

アートメイクのメリット

メリット

まずは、アートメイクのメリットにはどのようなものがあるのかお伝えします。

なんとなくのイメージで「いわゆるプチ整形?」「入れ墨と同じなんじゃないの?」と思っている人は必見です。

自分の顔・身体に自信が持てるようになる

一番大きなメリットは、自分の素顔に自信が持てるようになることです。

「メイク顔には自信があるけど、すっぴんは見せたくない…」という女性も多いことでしょう。

アートメイクでは、ナチュラルからバッチリメイク顔まで幅広い要望に合わせて施術してもらえるので、「もともとすっぴんが可愛い子」になれます。

 

アートメイクができる箇所は多岐にわたり、眉・アイライン・リップ・ヘアライン・ほくろ・ニップルなど。

きれいに整った眉、黒目がちなパッチリした瞳、血色の良い桜色のリップ、左右のバランスが整った額にちまっとした小さな顔…すべてアートメイクで手に入るのです。

整形よりもお手軽なので、今始めている方も多いのです。

メイク時間と肌への負担を軽減できる

アートメイクをした箇所はほぼメイクが要らないので、メイクをする手間と落とす手間が減ります。

朝の忙しい時間を有効活用できるので余裕も生まれますし、なにより、肌への負担が少ないのです。

今は24時間付けていても大丈夫!という肌ケア成分配合のコスメも増えましたが、アラを隠そうとしての厚塗りはやはり肌へ負担をかけます。

落ちにくいメイクを施すことにより、メイク落としの洗浄力も強い必要があり、クレンジング中に肌の水分が奪われてしまう・摩擦で肌にダメージを与えてしまうのも問題です。

アートメイクは、肌ダメージの軽減にも役に立つという点で大きなメリットがあります。

汗や水でにじむ心配がない

メイクの天敵は油分と水分。こまめにメイク直しをしないと眉毛が無くなってしまう・アイメイクがすぐに崩れてしまうという悩みを持つ女性も多いですよね。

アートメイクなら、水に濡れても、汗をかいても落ちる心配はありません。

いままでメイク崩れが気になって、温泉やプール、感動モノの映画を避けていた人も、心置きなく楽しむことができますよ。

入れ墨と違って温泉もプールもOK

入れ墨もアートメイクも針を使って表皮にインクを入れていくというのが共通点です。違いは、入れていく深さ。

入れ墨は皮膚の奥深く、真皮までインクを入れていくため、半永久的にインクが体に残ってしまいます。

対して、アートメイクは表皮にインクを入れていくので、肌のターンオーバーとともに2~5年程度で薄くなるのが通常です。

アートメイクは温泉やプールに入ることを許可されているので、私生活で窮屈な思いをする心配もありません。

身体にメスをいれることもないので、整形とは違ってダウンタイムが短くて済むのもメリットです。

 

東京でおすすめのアートメイククリニックをご紹介!流行りの最新4D・6Σ眉にも対応

 

アートメイクのデメリット

デメリット

つづいて、アートメイクのデメリットについても紹介していきます。

数年に一度メンテナンスが必要

アートメイクのメリットでもお伝えしましたが、表皮にインクを入れていくアートメイクは数年で薄くなります。気に入ったメイクをしてもらったとしても、効果は永久ではないため、定期的にクリニックに通って再度インクを入れ直してもらう必要があります。

初回施術よりも安い料金でおこなってもらえる事が多いですし、デザインや色を変えたければ前回とは違うアートメイクを入れることも可能なので、人によってはメリットといえるかもしれませんね。

どちらにせよ、アートメイクにはインクの入れ直し・定期メンテナンスが必須ですので、アフターフォロー体制が整っているクリニックを選ぶことが大切です。

アートメイク後しばらくはメイクができない

アートメイク後、1週間ほどはメイクができないことを覚えておきましょう。

これは、インクの定着を促すためと肌トラブルを防止するための措置です。

どうしても、アートメイク後しばらくはインクが落ちやすい状態になっていますので、メイク落としや洗顔でせっかく入れたアートメイクが薄まってしまうのです。

また、皮膚を切らない施術とはいえ、針を表皮に刺していますので、術後は肌の防御力が落ちています。

クリニックで医師に言われた期間は、アートメイクを入れた箇所のメイク・洗顔を控えましょう。
とはいえ、長期休暇でもない限りは1週間メイクをしないなんてことは難しいはず。すっぴんで過ごす時期まで考えてサポートしてくれる、カウンセリングに時間を割いてくれるクリニックを選びましょう。

眉アートメイクのダウンタイム(経過)。かさぶたの期間、日数、痛み、痒みは?

 

MRIが受けられない可能性がある

アートメイクをしていると、稀にMRIが受けられない場合があります。

※MRI検査を受ける方は稀だとは思いますが、念には念を!

アートメイクのインクに含まれる金属質が熱を帯びて、やけどをしてしまう可能性があるからです。アートメイククリニックによっては、金属を含んだインクを使用する場合があります。

対策としては、アートメイククリニックでMRI検査について質問すること。

MRI検査に支障がないインクを使用しているかの確認とともに、MRI検査の妨げになるようなアートメイクをされることがないよう、自分の身は自分で守りましょう。

 

また、FDA認可の染料を使っているクリニックを選ぶことも有効です。

FDAとはアメリカ食品医薬品局のことで、基準がとても厳しいのが特徴です。FDA認可の染料なら、アートメイクをしていてもMRI検査を問題なくおこなえます。

ただし、あくまで現在のMRI検査機器で大丈夫というだけであって、今後機器性能が進化した場合には検査ができなくなる可能性は考えておいたほうが良いでしょう。

衛生管理が悪いと感染症になる恐れがある

最後に、これは特に違法だったり、無資格だったりするアートメイクサロンに多いのですが、不衛生な医療機器・医療環境で施術を受けてしまうと感染症になるリスクがあります。

また、感染症にならずとも、腫れがひかない・痛みがおさまらない・施術箇所が化膿するといったトラブルも相次いで報告されています。

医療従事者不在の不法サロンでは問題が起こりやすいので本当に注意しましょう。

アートメイクは、医療行為です。

 

サロンではなくメディカルクリニックを選ぶこと、安さ重視ではなく実績や知名度も調べてからクリニックを決めることが重要です。

メリット・デメリットを考えた上でおすすめのアートメイククリニック

アイブロウをひく女性

ここまでに紹介したメリット、デメリットを踏まえて、おすすめのアートメイククリニックを3つ紹介します。

アートメイクギャラリー(AMG)

アートメイクギャラリー紹介1
アートメイクギャラリー紹介2
アートメイクギャラリー紹介3
アートメイクギャラリー紹介4
アートメイクギャラリー紹介1
アートメイクギャラリー紹介2
アートメイクギャラリー紹介3
アートメイクギャラリー紹介4
眉 AMGストローク 60,000円~(2回)
50,000円~(2回)
眉 AMGオーダーメイド 100,000円~(2回)
90,000円~(2回)
眉 AMGパウダー 110,000円~(2回)
100,000円~(2回)
アイライン上 55,000円~(1回)
アイライン下 45,000円~(1回)
リップ 80,000円~(1回)
ホクロ 10,000円
アートメイクギャラリーの特長
アートメイクギャラリーは、施術可能な部位数において「日本最多」を誇るアートメイククリニックです。
アートメイクを施してくれるのは、施術部位ごとに著名な技術者から証書を獲得したアーティストたち。累積4000件以上の症例をベースとしていて経験も豊富なため、安心しておまかせすることができます。
医師・看護師の資格保有者が対応することはもちろん、アートメイク専業施術者が担当してくれるのが特徴です。他のクリニックではレーザー治療・脱毛などと兼業のアーティストが多い中、アートメイクに特化したクリニックであることを証明しています。

麻酔やコットンなど施術に関わるすべての道具を徹底的に衛生管理しています。加えて使用器具・インクは世界で認められたもののみなので、安心安全。

カウンセリングは無料で受け付けているので、気になる人は問い合わせをしてみましょう。

アートメイクギャラリーのアイブロウアートメイクは、骨格や表情筋、もともとの眉の生え方などによってデザインを決めていくスタイルなので、本当に自分に似合うメイクをしてもらうことができます。
他院修正も受け付けているので、他のクリニックのアートメイクで満足できなかった人にもおすすめです。

アートメイクギャラリー(詳細ページ)

 

銀座よしえクリニック

銀座よしえクリニック紹介1
銀座よしえクリニック紹介2
銀座よしえクリニック紹介3
銀座よしえクリニック紹介4
銀座よしえクリニック紹介1
銀座よしえクリニック紹介2
銀座よしえクリニック紹介3
銀座よしえクリニック紹介4
眉アートメイク 80,000円~(2回)
アイライン上 44,000円(2回)
アイライン下 44,000円(2回)
リップ 160,000円(3回)
ホクロ 20,000円
銀座よしえクリニックの特長
銀座よしえクリニックは、レーザー治療や痩身などに幅広く対応している美容皮膚科です。
アートメイク技術も高く、アートメイクの年間施術数は1200名以上。
特に自眉のように自然に見える3Dアートメイクが人気で、化粧を落としたときにアートメイク部分だけメイク感が残るのが嫌という人にも、「もともと形の良い眉が生えていたみたい」と好評です。

銀座よしえクリニックでは、FDA認可のインクを使用しているのでMRI検査にも影響を及ぼしません。

また、レーザー治療もおこなっているクリニックなので、アートメイクの修正や除去を希望した場合、そのまま同じ医院で施術を受けられるのが嬉しいところです。積極的に症例モニターを集めているので、過去のアートメイク施術例が豊富に見られるのもポイント。

オーダーメイドで仕上げるとはいえクリニックによって施術の傾向があるため、アートメイクを予約する前に見ておくと参考になりますよ。

眉全体のアートメイクよりも格安な「眉尻のみ」の施術があるため、もともと眉の生え方が不均一でメイクを落とすとマロ眉になってしまうという方にもおすすめです。

銀座よしえクリニック(詳細ページ)

 

エレナクリニック

エレナクリニック
オーダーメイド眉 150,000円(2回+追加メンテナンス1回)
4Dマイクロブロー 70,000円~(2回)
4Dパウダーブロー 110,000円(2回)
アイライン上 30,000円~(1回)
アイライン下 20,000円~(1回)
リップ 140,000円(2回)
ヘアライン 30,000円~(1回)
開運ぼくろ 8,888円(1箇所)
セクシーぼくろ 10,000円(1箇所)
エレナクリニックの特長
エレナクリニックは新宿歌舞伎町にある美容クリニックです。
営業時間が10:30~22:00と長く、定休日がないので、営業時間が合わずに行けるクリニックがないという人にもおすすめ
そして最後にご紹介するのは「エレナクリニック」になります。
美容系全般を扱っているので、医療脱毛や痩身、糸リフトなどにも対応しています。エレナクリニックのアートメイクは、施術メニューが細かく分かれているのが特徴です。
眉のアートメイクは全3種類あり、
  • パウダーを乗せたようなグラデーションの仕上がりが魅力の4Dパウダーブロー
  • 1本1本自眉のように毛を描きあげる4Dマイクロブロー
  • その両方の良さを取り入れて完全オーダーメイドで作るオーダーメイド眉

となりたいイメージに沿って描いてもらえます。

デザインは最大1時間かけてじっくりやってもらえるので、アートメイクが初めての人も安心ですよ。

 

クリニック選びでデメリットは軽減できる!アートメイクはメリットがいっぱい

バラの花

アートメイクは、MRI検査が受けられない可能性がある、感染症の恐れがあるなどのデメリットもありますが、良質なクリニックさえ選べば問題はありません。

それよりも、毎朝のメイク時間短縮、自分に自信がつくことによって生き生きと輝く毎日を考えれば、メリットの方が大きいといえます。

自分に合うアートメイククリニックを見つけて、「いつでも綺麗な私」を手に入れましょう。

【部位別、料金が安い順】東京でアートメイクが安いおすすめクリニック